【送料無料】Go Pro HERO7 WHITE 本体+推奨micorSDカード32GB付き 安心の国内正規品セット:楽器のことならメリーネット - 6e83a

2019-10-13
カテゴリトップ>映像関連機器>GoPro
【送料無料】Go Pro HERO7 WHITE 本体+推奨micorSDカード32GB付き 安心の国内正規品セット
【セット内容】GOPRO HERO7 WHITE×1/推奨microSDカード(Sandisk 32GB/国内正規品)
お求めやすい価格で正規のGoProを。ライトユーザー向きのHERO7 WHITE
スタッフのコメント:
【セットの特長】
メーカーにおいて動作保証を行っている推奨microSDカードをセットに致しました。決して安い製品ではありませんが、トラブルが起きたときに本体側の不具合なのかSDカードの相性が悪いのか判断を行う材料の1つになります。
意外とSDカードが本体に与える影響というのは大きいです。GoProではまだ例がありませんが、某メーカーのオーディオレコーダーで、お客様が別途お求めになられたSDカードの相性が悪いことで本体が操作不能となる例が数件ありました。
個人的には正直、同等クラス(UHSスピードクラス3)のSDカードであれば動作するかと思いますが、メーカーにおいて非推奨SDカードを使用した場合の動作保証は出来かねる旨明記されている為、1枚は持っておくのが無難かと思われます。

■GoPro HERO7 WHITEの特長
旅行への携行用カメラとして、初めてのアクションカムや複数台設置用のサブカメラに最適なエントリーモデル GoPro HERO7 WHITEです。
付属のザ・フレームはGoProアクセサリーと互換性がございますので、GoProの強みである豊富なアクセサリーに取り付け・使用することができます。

発売時点の最上位機種"HERO7BLACK"との違いで最も大きなポイントとしては、バッテリーの交換ができないという点です。バッテリー残量が減ってきたらUSBで充電をすることとなります。一回当たりの使用時間が短いという方や、充電時間を取ることができる、という場面にはお勧めです。外出先で電池が減ってきたら、スマートフォン等と同じようにモバイルバッテリー(別売)で充電することもできます。
2つめに異なる点としては、アスペクト比が4:3となっているという点です。YOUTUBEなどはアスペクト比が16:9のプレイヤーを使用している為、動画サイトへのアップは動画編集ソフトでムービーを拡大気味にして上下を削る必要があります。そのままアップすると左右に黒色の帯が表示されることになります。(※発売日時点の情報です)アスペクト比がご使用用途に合わない場合はシルバーかブラックをお選びください。

それならスマートフォンのカメラで良いのでは、と思うところですが、GoPro HERO7WHITEを携行するメリットとして、(1)手ぶれ補正が付いている(2)広角レンズで広い範囲を撮影できる(3)スマートフォンの容量・バッテリーを節約できる という点が挙げられます。本製品はHERO7の再安価モデルとなりますが、スマートフォンでのワイヤレスコントロールにも対応している為、離れた場所かライブビュー、撮影・録画を操作することができます。
ビデオ解像度は1440pのフルHDまで。HERO7BLACK/Silverのように4Kには対応しておりませんが、そもそも4Kビデオの編集には相当な高性能パソコン(MAC)が必要となり、また動画のアップロードにもそれなりの時間を要することがありますので、編集環境によってはフルHDの方が扱いやすい場合もございます。 HERO7BLACKに比べ性能面で差別化が図られておりますが、価格の上限があるなかでカメラをお探しの方には是非ご検討頂きたい一台です。

【保証について】
弊社で購入した製品に万が一不具合が生じた際には、まずは弊社へご連絡下さい。
症状によって、設定の見直しや動作テストのお願い、あるいは製品をお送り頂き弊社での動作検証か代理店の技術部署での検証になるかをご案内させて頂きます。
お送り頂く際、いずれの場合も弊社でお求め頂いたGoProカメラは国内拠点への送付依頼となります。直輸入品とは異なり、メーカーの海外拠点へ直接ご連絡頂く必要はございませんので、その点はご安心ください。
なお、操作方法などテクニカルなサポートについては、メーカーへの直接問い合わせへ誘導させて頂く場合がございます。

■予めご了承下さい
保証規定に一致する範囲で症状が再現された場合、新品交換を致しますがその際カメラ本体のみの交換となります。化粧箱一式の新品交換はできかねますことご了承下さいませ。

■重要な点:microSDカードは必ずメーカー指定のmicroSDカードをご利用ください。過去の実例でmicroSDカードの性能が不十分であることによる動作不調が数件ございました。GoProに限らずレコーダー全般はmicroSDカードとの相性によって電源が入らない、フリーズするなど大きな影響を与えることが実際にございます。

■HERO7WHITE 主な仕様まとめ
電池 取り外し不可
ビデオ安定化 標準
ビデオ 1080p60
FPS 60/50、30/25
FOV(視野角) ワイドのみ
アスペクト比 4:3
スローモーション 2x
ライブ ストリーミング 非対応
オーディオ 2-mic プロセッシング
3.5 mm オーディオ マイク入力 非対応
HDMI ビデオ出力 なし

【Q&A】
Q.保証はついていますか?
A.はい、弊社は国内正規代理店経由で製品を仕入れておりますので、正規保証が購入日より適用されます。万が一の不具合時には保証規定に基づき対応を致します。

Q.電池を差し替えることはできますか?
A.いいえ、HERO7WHITEはバッテリー内蔵型の為、差し替えすることが出来ません。

ご確認ください。
※性能が想像と異なる、スマートフォン等との相性が悪いなどの理由での返品は承ることができません。予めご了承くださいませ。

※ご使用本番前、少なくとも前日までに動作テストをお願いお願い致します。弊社では製品が正常に機能しなかったことによって生じた直接的及び間接的損害、また精神的苦痛などに関しては責任を負うことができません。ご了承下さい。


※HERO7 WHITEはフルHDまでの撮影に対応いたします。







製品内容

・HERO7 White カメラ(バッテリー内蔵)
・ザ・フレーム
・USB-C ケーブル
・サムスクリュー
・マウント用バックル
・ベースマウント(平面)
・ベースマウント(曲面)

メーカー推奨のSandisk microSDカード付き
価格
38,759円 (税込41,860 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で対象エリア外へのご注文は、毎日15:00までのご注文で翌日の配達となります(あす楽)
送料/北海道・沖縄は1,200円  
1〜2日以内に発送予定(店舗休業日を除く)
個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

Mit Google Duplex hat Google eine vĂśllig neue Form des Assistenten angekĂźndigt, die fĂźr den Nutzer Telefonate erledigen kann und dabei mit einer menschlichen Stimme spricht. Diese Demo und Zukunftsaussicht hat bei den Menschen ganz unterschiedliche Reaktionen und GefĂźhle ausgelĂśst. Im Web gibt es aber auch einige gut gemachte Parodien, die das ganze von der lustigen Seite betrachten. Und natĂźrlich darf auch eine Siri-Version nicht fehlen ;-)
Erst vor wenigen Tagen konnte Google stolz verkßnden, dass der Assistant mehr als 5.000 Geräte steuern kann, wobei die Auswahl in den kommenden Monaten immer weiter anwachsen wird. Bisher bezieht sich diese Steuerung vor allem auf die klassischen smarten Geräte, aber schon bald werden auch weitere Einrichtungsgegenstände dazu kommen. Google hat nun verraten, dass darunter auch "Geräte" sind, die wir bisher eher nicht mit dem WÜrtchen "smart" in Verbindung bringen oder per Sprache steuern wßrden.
Bei Google Maps gibt es immer etwas zu entdecken und es wird wohl niemals langweilig werden, nach neuen Kuriositäten oder Besonderheiten Ausschau zu halten. Auf der indonesischen Insel Bali gibt es derzeit etwas nicht ganz alltägliches zu entdecken, das dort vermeintlich nicht hingehört: Ein Flugzeug mitten in einem bewohnten Gebiet, das dort in einem großen Garten steht.
Google betreibt und entwickelt sehr viele Produkte, von denen einige dauerhaft im experimentellen Stadium bleiben und wieder eingestellt werden. Aber es gibt auch die Kategorie von Produkten, die Ăźber dieses Stadium hinaus kommen und sich zu einem ernsthaften Produkt entwickeln. MĂśglicherweise kĂśnnte auch Googles versehentlicher Instagram-Klon FriendlyPix diesen Weg nehmen, denn jetzt wurde die App fĂźr iOS auch in Deutschland verĂśffentlicht.
Immer wieder sorgen vermeintlich zufällige Zeichenfolgen oder unsichtbare Zeichen dafßr, dass Messenger oder Betriebssysteme abstßrzen oder fßr einen längeren Zeitraum nicht nutzbar sind. Derzeit verbreitet sich wieder eine solche Nachricht, die den Messenger WhatsApp ordentlich Rechenpower kostet und teilweise die App zum Absturz bringt. Betroffen sind aber nicht nur, wie zuerst angenommen, Android-Nutzer.
Die Google Maps-App ist längst weit mehr als nur eine simple Navigations-App und wurde im Laufe der Zeit mit immer mehr Funktionen ausgestattet und dementsprechend auch immer umfangreicher. Ab und an beschäftigen sich die Entwickler aber auch mal wieder mit der Navigation und bringen nun ein neues Feature in die iOS-App, auf das die Welt (vielleicht) gewartet hat: Der Navigationspfeil kann durch ein Auto ersetzt werden.
Google Maps gehört für viele Menschen zum Alltag und wird für viele Zwecke verwendet. Doch eine Plattform mit so enorm vielen Daten wie Maps kann natürlich auch nicht perfekt sein und wird immer einige Fehler im Datenmaterial haben. Das kann manchmal ärgerlich, manchmal aber auch sehr problematisch sein. Wir haben schon vor zwei Wochen drei kleine Katastrophen vorgestellt und da sich der Artikel so großer Beliebtheit erfreut hat, folgt heute Teil 2. Auch heute darf natürlich wieder etwas geschmunzelt werden :-)
Emojis sind aus der heutigen Kommunikation nicht mehr wegzudenken und dürfen in keiner App zur Kommunikation mit anderen Menschen und dementsprechend auch in den Betriebssystemen nicht fehlen. Einzelne Emojis sorgen dabei immer wieder für Diskussionen und sind nicht bei allen Nutzern gleichermaßen populär. Jetzt folgt Google einem schon vor einigen Jahren angestoßenen Trend und ändert das Pistolen-Emoji in eine Wasserpistole.